銀行を選ぶ時の注意点

現在徐々に人気が高まっているのが銀行のカードローンです。その理由として大きいのはやはり金利の低さでしょう。また、普段取引しているメインバンクのカードローンを選択する人もいます。よく知らない消費者金融や馴染みのないメガバンクよりも、メインバンクの方が安心という理由を考えると、メインバンクのカードローンは確かに安心できます。

 

銀行のカードローンを利用する時には、知っておくべき注意点があります。まず自分に適用される金利を調べて申込みをしましょう。

 

金利には3.5%~14.6%といった具合に、最低金利と最高金利があります。銀行のカードローンの場合には、申込み金額によって金利が決まる場合や、審査結果によって適用金利が決まる場合があります。適用される金利が審査前にわかる場合もあるので、事前にチェックできればお得な銀行がどこかが予想できます。

 

また、地元のメインバンクを視野に入れて選ぶのであれば、金利優遇措置の有無は確認しましょう。銀行のカードローンの場合には、給与振込先にその銀行を利用している場合や、住宅ローンを組んでいる場合、公共料金の引き落とし先にその銀行を利用している場合に、金利引き下げの優遇措置を取っている所もあります。

 

これを利用すれば金利が大幅に下がる可能性もあるので、チェックしておくとよいでしょう。

 

大手銀行でも金利引き下げを実施しているところがあり、メガバンクのみずほ銀行のカードローン金利も住宅ローン利用で引き下げがされます。