消費者金融が不可な人もいる

消費者金融と銀行では、審査の通りやすさなどから消費者金融を選ぶ人は多いです。スピーディでかつ様々な手続き方法があり、人気があるのもわかりますが、意外な盲点もあります。消費者金融は審査に通りやすいと言われています。しかし人によっては、初めから消費者金融を選ぶべきではなく、銀行しか選択肢がないケースもあります。

 

それを知るためには、消費者金融で借入れができない人について知っておく必要があります。それは年収の1/3を超える金額の借入れを希望している人です。総量規制があるので、消費者金融では年収の1/3までしか申込みができません。

 

ただし、収入が少ない人は審査も通りにくくなるので、その場合には消費者金融を選択して申込み金額を下げた方がいいでしょう。

 

アルバイトやパートでも消費者金融は貸付け実績が多いので安心です。普通に働いて収入があって、かつ100万円以上の申込みをするようならば銀行がお勧めです。

 

年収の件で特に問題なのが主婦です。パートで収入を得ているならば、申込み金額を減らせば申込みは可能です。ただし、専業主婦には収入がありません。年収の1/3までという制限があるので、収入0の専業主婦は消費者金融のカードローンの申込みはできません。

 

銀行ならば専業主婦でも申込み可能な所もあるので、専業主婦は銀行のカードローンを探しましょう。

 

一例をあげるとすれば三菱東京UFJ銀行のバンクイックやイオン銀行などとなり、配偶者の安定した収入で専業主婦の方でも借りられるようになっています。

 

ただ、銀行だからと言って必ずしも専業主婦が利用できるわけではなく、自身での安定収入が必須となるオリックス銀行カードローンの最低条件もあるために利用先の申し込み条件をしっかりと確認しなければなりません。