消費者金融と銀行の違い

カードローンを利用する人の多くが消費者金融を選んでいますが、今は銀行もカードローンの取り扱いに積極的です。何も知らずに認知度だけで消費者金融を選ぶ人もいれば、何となくの堅実そうなイメージから銀行を選ぶ人もいます。しかし、消費者金融と銀行ではカードローンの内容に大きな違いがあります。

 

そのため、人によって選ぶべきカードローンがどちらなのかが変わってきます。

 

 

消費者金融の特徴

消費者金融はスピーディな対応が特徴の1つです。大手ならば最短で即日融資が可能です。審査についても独自のマニュアルがあり、30分程度で結果が返ってきます。手続き時間を考慮しても、申込みから1時間程度でお金を受取れるのは消費者金融の大きなメリットです。

 

また、カードローン申込み時には審査がありますが、消費者金融は審査に通りやすいと言われています。審査通過率を公表している消費者金融と銀行を比較してみると、消費者金融の審査通過率の方が高い結果が出ています。

 

ただし、消費者金融は総量規制によっていくつかの制限が設けられています。まず、年収の1/3を超える金額の貸付けを禁止されています。また、借入れが50万円を超える場合や、他社も含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入を証明する書類の提示が必要となります。これらは銀行にはない規制です。

 

消費者金融で借りるにあたってはどこでも共通をする点で、大手でも中堅でも同じです。

 

しかし、正規の消費者金融でなければこれらの決まりは守らないため、50万円を超える場合や他社との合計で100万円を超えるのに収入証明の提出を求められないとすれば、それは闇金融となります。

 

闇金融の被害にあわないためにも借りる際には大手で信頼ができる消費者金融を利用するようにし、まずはモビットの必要条件から見ておけば初めての方でも安心です。

 

銀行の特徴

銀行のカードローンの最大の特徴として、金利が低い点が挙げられます。金利が高い程かかる利息が増えてしまうので、カードローン選びで金利は重要なポイントです。消費者金融と比べると銀行の方が、各社でサービス内容に差が出やすいです。

 

低金利な中でも、特にお得な所を探せば、大幅に金利を下げられる可能性があります。

 

総量規制の対象外なので、銀行のカードローンならば年収の1/3を超える金額の借入れも申込みできます。収入証明書類の提示条件も、年収300万円以下なら不要など、銀行によって変わります。少なくとも100万円以下の借入れであれば、銀行のカードローンで収入証明書類を求められるケースは稀です。

 

ただし消費者金融と比べて審査は厳しいと言われています。実際に、銀行のカードローンの審査に落ちたが消費者金融に申込みをし直したら審査に通ったという口コミも頻繁に目にします。

 

両者の違い

消費者金融と銀行の違いとして、手続きの早さ、融資の金額、審査の厳しさの3点があります。手続きは消費者金融が早いです。単純に審査時間が早いのもそうですが、銀行のカードローンの場合、15時以降や土日に申込みをすると、審査が翌日対応になるケースもあります。そのため、急ぎでお金が必要な場合には消費者金融を選ぶ人が多いです。

 

また、融資の金額については銀行の方がたくさん借りられます。ポイントは総量規制です。消費者金融は年収の1/3までしか借りられませんが、銀行ならばそれ以上の借入れも申込みが可能です。

 

また、消費者金融の場合、初回から多額の融資をするケースは稀ですが、銀行の場合には最初から多額の融資を受け付けるケースも見受けられます。その際に収入証明書類が不要なのも、銀行のカードローンの大きなポイントです。50万円を超える限度額を希望するならば、銀行を選んだ方が借りやすいです。

 

最後に、審査については消費者金融の方が通りやすいと言われています。確かに消費者金融の方が審査に通るという口コミが多いです。金利が高い分、審査も緩いと予想できますし、実際に審査通過率を公表している所から比べると、銀行の方が審査に厳しい傾向にあります。

 

ただし、審査に通りやすいと言われている消費者金融は、多額の融資には向いていません。50万円を超える申込みの場合には、銀行の方が通る可能性もあります。

 

まとまった金額を借りるおまとめローンなどの場合も同様です。おまとめでの借り入れは消費者金融よりも銀行がよく、銀行の中でもおまとめローンに向くカードローンがあるため、一本化を本格的に考える方は色々と見てみると良いでしょう。